ハナオチバタケ
2005/7/9 神奈川県厚木市・七沢森林公園
 とても小さく可憐なきのこである。落ち葉の上に発生して、枯葉を分解して土に還元する。そんな地味な働きのきのこが、なぜこんなに美しい必要があるのか。あまりの可憐さに、押し花ならぬ「押しきのこ」にする人も多い。ローアングルで撮ると日に透けて、美しいピンク色に見える。
 本種にはカサの色が褐色のものがあって(下の写真右)、近縁種のハリガネオチバタケとの見分けが難しいが、大雑把な方法としてヒダの枚数で区別している。本種はおよそ13枚より多く、それ以下ならハリガネオチバタケ・・・。
 
2001/8/25
飯能天覧山
2003/6/14
高麗山
2003/6/15
横浜市新治
2007/7/9
山梨県西湖
2010/7/4
横浜市新治
2011/7/2
奈良神野山
2016/7/17
生駒山麓園
2018/6/9
矢田子供森