ハチスタケ
2005/11/6 神奈川県横浜市・新治市民の森
 ハタケシメジの撮影をしながら、ふと傍らのウサギの糞に気づいた。あまりシゲシゲと見たくはなかったが、なにやら細長いものが生えている。よく見るとまるで蓮の実のような形のきのこだった。
 ハチスとはまさしく蓮の実の別名で、蜂の巣のような形からそう呼ばれるようだ。保育社の「日本新菌類図鑑機廚砲茲襪1974年以来発見がないと記されているが、近年、数箇所のHPでも記載があった。面白いのは学名に「jugoyasan」と付けられていて、「十五夜さん」つまり満月のウサギをイメージした名前ということらしい。
 下の写真は2009年12月に同じ新治市民の森の、上の写真とは違う場所で撮ったもの。
2013/12/15
くろんど園