ヒダヒトヨタケモドキ
2003/11/2 神奈川県横浜市・新治市民の森
 全体に白い粉状の鱗片を付けるが、カサの中央では褐色を帯びている。カサが開くにつれてまるで蛇腹のように、一脈ずつ離れていく様子がわかる。この仲間にしては珍しく綿くず状のツバを持ち、特に幼菌でははっきり見ることができる。成菌では柄の低い所に痕跡が残る。
 小型のヒトヨタケの仲間はたいへん同定が難しいが、これは数冊の図鑑でもよく特徴がわかって同定できた。「モドキ」の付かない「ヒダヒトヨタケ」という種が見当たらないが、日本には産しないということだろうか?
 
2003/11/2
横浜市新治
2004/12/18
厚木市七沢
2005/11/19
大和市泉森
2007/11/25
高麗山
2008/8/17
高麗山
2008/11/16
高麗山
2009/10/4
横浜市新治
2017/5/4
ふれあい森