ヒカゲオチエダタケ
2002/9/15 神奈川県葉山町・上ノ山公園
 とてもよく似た種類が多い仲間で肉眼での同定が困難な苦手グループだ。初め「ヒカゲオチバタケ」と仮称されていたようだが、必ず材上に生える特徴で「オチバ」は不適切と改められたようだ。
 柄は強靭で褐色から白へのグラデーションがきれいだ。上の写真では柄の根元の菌糸が塊になってしまっているが、新鮮な時や幼菌では真っ白い菌糸がよく目立つ。
2002/9/15
葉山町南郷
2005/6/26
真鶴半島