ヒメアカコブタケ
2015/3/7 大阪府四條畷市・むろいけ園地
 クロコブタケの赤色バージョンという感じ。種々の広葉樹の腐朽した材やシイタケのホダ木に出て、直径1〜10ミリの粒状になる。写真のものはほぼ2ミリの粒で、姿はノイチゴのように小粒が密集する。それぞれの頂部に黒点があり、孔が開いて黒い子嚢胞子を飛ばす。
 ヒメの付かない「アカコブタケ」は、高山帯のブナに発生するとのこと。
2015/3/7
むろいけ園