ヒメクチキタンポタケ
2012/6/17 奈良県生駒市・くろんど池
 梅雨時期に普通に見られる冬虫夏草の1種。朽ちた材の中の甲虫(キマワリが多い)の幼虫に寄生して、高さ1.5センチほどの子実体1〜数本を出す。頭部の色は黄土色〜黄褐色で子嚢殻が埋没している。柄はやや赤みのある褐色で、表面が帯状に亀裂して段だら模様になる。
 上の写真で画面下の白い部分が宿主だが、白い菌糸に覆われてよく見えなかった。
月間MVP 2016/5
2012/6/17
くろんど池
2014/5/25
くろんど園
2015/5/17
くろんど池
2016/1/17
くろんど池
2016/5/14
石清水八幡
2018/5/20
くろんど池