ヒメスギタケ
2007/8/11 静岡県富士宮市・富士山南麓
 広葉樹の朽ちた材上に生える小型菌で、カサや柄に褐色のトゲ状鱗片を密に付ける。特にカサの縁に残る内皮膜の破片は、まるでフリンジ飾りのようで印象的だ。
 図鑑ではシイタケのホダ木などに生えるとあり、平地でも普通に見られる印象を受けるが、多くは高山帯のブナ林などでよく見かけている。ただ、均整の取れた美しい姿はなかなか見られない種類だ。
月間MVP 2009/9 2016/12 2017/5
2003/9/26
奈良雑木林
2005/6/18
富士山南麓
2009/9/21
長野松原湖
2012/6/10
矢田遊び森
2014/5/3
けいはんな
2016/12/11
くろんど池
2017/5/21
くろんど池