ホソツクシタケ
2004/6/6 神奈川県横浜市・新治市民の森
 さほど珍種でもないと早合点して丁寧に撮らなかったが、この時以来出会っていない。「きのこにこの次はない」と肝に銘じるべし。それにしても子嚢菌の多彩さには想像を超えるものがある。
 ホウノキの果実が落ちて、黒く朽ちたものに生える。螺旋や蛇行する姿は独特で、奇妙なリズミカルさが感じられる。幼菌は白っぽく、老菌になるまで先端部は黒くならない。