フサヒメホウキタケ
2005/6/12 静岡県富士宮市・富士山南麓
 ホウキタケの仲間ではなく別の科になっている。枝分かれしてから垂直に伸びる形が独特で、「ことじ(琴柱)状」と表現される。マツなどの針葉樹の倒木に連なって群生しているのをよく見かける。色には変化があり、特に幼菌では淡黄土色で成長して白っぽくなり、老菌では赤褐色になる。
 あまりビッシリ生えているとちょっと不気味だが、上の写真程度はむしろ森の雰囲気とマッチして美しい。
 
2002/8/18
南足柄市
2005/6/18
富士山南麓
2006/6/3
厚木市七沢
2006/7/23
高麗山
2007/5/12
静岡県函南
2011/10/1
山添神野山
2012/5/26
山添神野山
2012/6/10
矢田遊び森