フタツミウラベニタケ
2007/9/16 神奈川県平塚市・高麗山
 初めて目にするきのこで名前が分からなかったが、ヒダをルーペで見るとピンク色の胞子が付いている。地面から生えてこの姿なら、恐らくイッポンシメジの仲間だろう。図鑑を頼りに絵合わせして記述を読むと、特徴は本種によく符合する。
 「フタツミ」とは担子器に胞子が2個付くということだから、顕微鏡でしか確かめることができないが、外見的な特徴から本種として記録しておく。
2011/4/24
奈良二上山
2013/9/7
矢田子供森
2017/7/2
大和民俗園