イボテングタケ
2007/9/26 山梨県富士河口湖町・本栖湖
 テングタケには針葉樹林に生える大型タイプと、広葉樹林の小型タイプがある。そして2002年にそれぞれ別種として発表され、大型タイプが「イボテングタケ」と名づけられた。
 カサ表面のイボ(外皮膜の破片)が角ばって厚みがあり、根元のツボの上には数本のリングが現れることが多い。毒性は致命的ではないものの、ベニテングタケより強い毒を持つらしい。
2009/7/19
富士五湖
2009/9/11
青森八甲田
2015/9/27
くろんど池