イヌセンボンタケ
2007/7/22 神奈川県相模原市・津久井城山公園
 胞子をたくさん散布する作戦は二通りある。カサを大きくする方法と小さいカサを無数に作る方法。本種は後者の典型だろう。
 カサも柄も微細な毛で覆われていて、幼菌の時はほとんど純白だが、成長すると真っ黒の胞子を噴き上げて自らのカサも黒っぽくなる。胞子を飛ばすタイミングは短時間のようで、下の写真で幼菌が白いままなことからも分かる。
 1つのカサは1センチにもならない小さなものだが、ある図鑑で食菌となっているのを見たことがあるが、これを採って食べようと考える人がいるのだろうか?雨粒が当たっただけでも砕ける、とてももろいきのこだ。
 ※幼菌やカサの中央が褐色のものや、柄に微毛がないものなどいくつかの変異があり、近縁種が存在するように思う。
2002/6/9
厚木市飯山
2002/6/30
富士山北麓
2003/11/15
厚木市七沢
2004/6/13
相模原市
2006/9/18
高麗山
2006/11/4
真鶴半島
2007/5/13
高麗山
2007/7/22
津久井城山
2008/4/27
真鶴半島
2008/5/25
平塚霧降滝
2008/6/7
高麗山
2009/4/26
高麗山
2009/10/12
高麗山
2010/5/30
高麗山
2010/10/3
高麗山
2010/11/14
横浜市寺家
2011/5/21
むろいけ園
2012/5/3
鳥見公園
2014/9/28
くろんど園地
2014/10/19
くろんど園地
2016/7/31
矢田遍路道