カエンタケ
2006/9/24 神奈川県横浜市・四季の森公園
 「火炎茸」。みごとなネーミングだ。
 このきのこを有名にしているのは、その強い毒性からだろう。古い図鑑では有毒とは書かれていないが、比較的最近になって死亡中毒事故が起こった。なぜ、こんなものを食べる気になるのか不思議だったが、ベニナギナタタケを食菌だと知ったことで誤食してしまったり、冬虫夏草と間違えて薬効を期待する例もあるようだ。たとえ一命を取り留めてもかなり重度の運動障害など、様ざまな重い後遺症が残るようだ。
【注意】本種は手で触れただけでも皮膚がかぶれることがあり、特に敏感肌の人や子どもは見付けても触れないよう注意が必要。
2006/9/24
横浜四季森
2007/9/17
横浜四季森