カミウロコタケ
2011/2/12 奈良県大和郡山市・松尾寺
 コナラなどの広葉樹に半背着するきのこで、質感はフェルト状〜紙粘土を張り付けたような乾いた感じがする。新鮮な時は鮮やかな紫色で、古くなるとともに褐色に変わっていく。
 時にはほとんど背着せず、半円形のカサになっているので同定に悩む場合もある。スミレウロコタケやアイコウヤクタケなど、一見似通った種類もあるが、少し厚みがあり木から剥がしやすい点で見分けられる。
2011/2/12
矢田松尾寺
2014/12/7
むろいけ園