カンゾウタケ
2001/5/12 神奈川県真鶴半島
 漢字で書くと「肝臓茸」。肝臓のような色と形からのネーミングだろう。春に出るきのこで、シイなどの大きな古木でよく見つかる。下の写真は断面と管孔面で、パイプ状の特異な管孔を持つため似た種類がなく、1科1属1種の分類になっている。
 生でも食べられると聞いていたので試してみたが、やや酸味があって風変わりな味だ。小振りのものを薄くスライスして塩水にさらし、柚子味噌和えにするとかなり旨かった。
 成菌は厚くスライスして塩、コショウで味付けしてステーキにすれば、まるで塩タンのような食感が楽しめる。大きく成長したものは酸味が強く、あまり食用に適さない。
月間MVP 2015/05
2002/4/27
真鶴半島
2003/5/4
真鶴半島
2004/5/3
平塚市鷹取
2004/5/5
愛川町八菅
2005/5/8
高麗山
2005/5/22
愛川町八菅
2006/5/3
高麗山
2007/4/22
逗子神武寺
2008/4/27
真鶴半島
2009/4/19
真鶴半島
2009/4/26
高麗山
2012/10/27
京都植物園
2015/5/5
市大植物園