カラハツタケ
2009/9/27 静岡県富士宮市・富士山南麓
 ベニタケ科チチタケ属の仲間にはカサに毛が生える種類がいくつかあるが、これもその一つで成菌の周囲には白い毛が密生している。
 幼菌には毛が見えないのでよく観察してみると、強く巻き込んだカサの下側でヒダを覆うクモの巣状の被膜のように見えた。カサが開くにつれて周囲に残るようだ。
 乳液は白くて変色しない。味は極めて辛く、ヒロハシデチチタケといい勝負だと感じた。有毒とされている。
2006/9/10
富士山南麓