カワウソタケ
2008/7/13 宮城県いわき市・石森山
 サクラと思われる立ち枯れに、上から下までビッシリと生えていた。木の広い範囲に一斉に生えるようで、幼菌や老菌がほとんど見られない。
 カサの幅は主に4〜6センチで厚みがあり、表面はネンドタケのような粉っぽい感じがある。管孔面はやや白く、銀色に光っているようにも見えた。
 硬質菌にも様ざまな動物名が当てられているが、いま一つ関連性がなくイメージが繋がらない。よく似たラッコタケはより寒冷地に多いとのこと。
 下の写真は2003年6月に厚木市の七沢森林公園で撮ったもので、黄色い胞子が落ちている様子が分かる。
2006/6/3
高麗山
2008/7/13
福島石森山
2011/3/19
山添神野山
2012/9/29
市大植物園