ケシロハツ
2010/8/7 山梨県富士吉田市・富士山北麓
 「毛の生えたシロハツ」という名前だが、シロハツはベニタケ属であり本種は乳の出るチチタケ属なので、混乱を招きそうな名前だ。カサの表面に細かい毛が密生し、ヒダがやや粗い。よく似てヒダが極めて密なものは「ケシロハツモドキ」という別種。
 さらに、よく似て毛がない「ツチカブリ」はひだが密で、ヒダが粗いと「ツチカブリモドキ」となる。ややこしい話だが、白いチチタケ属のこの4種は、本家とモドキがヒダの粗密でねじれ現象になっている。乳はすべて辛いので食用にはならない。
2010/8/7
富士山北麓