ケシワウロコタケ
2015/3/14 大阪府堺市・堺自然ふれあいの森
 太いコナラの間伐材を取り巻くように、肉が薄くぺらぺらした感じのカサが重生していた。表面はゴツゴツして硬そうに見えるが、肉質は極めて柔らかい。湿っているとほとんど紫黒色だが、乾くと白っぽい環紋が現れる。表面には極めて短い毛が密生する。下面は紫褐色で、一見イボタケの仲間を思わせるイボ状の細かいシワが密集している。
2015/3/14
堺自然の森
2015/12/27
むろいけ園