キアシグロタケ
2008/1/13 神奈川県真鶴町・真鶴半島
 きれいにカサを広げているのをよく見かけるが、カサの下面はヒダではなく細かな管孔になっている。ヒダナシタケ類のタマチョレイタケ科のきのこで、ハチノスタケやアミスギタケに近い。
 アシグロタケは柄全体が黒く、本種は柄の下方だけが黒い・・・と聞いたことがあるが、手掛かりとしてはあやふやだ。キアシグロタケはカサの表面に放射状の細かなシワがあるので、ルーペで見ると見分けられる。アシグロタケは表面が平滑で、やや高地性の種類のようだ。
2002/7/21
高麗山
2008/1/13
真鶴半島
2010/8/22
藤沢少年森
2011/3/5
けいはんな
2011/6/26
大和民俗園
2014/8/3
矢田遍路道