キンチャヤマイグチ
2014/9/27 奈良県御所市・大和葛城山
 いつになったら出会えるのかと待ち望んでいた種類。しかし、やっと見付けたのはカサ径4センチほどの小さなもので、しかも管孔の半分は虫食い状態。それでもややまれな種類なので、採取して記録撮影をした。
 カサは名前の通り金茶色で、柄はヤマイグチ属の特徴の黒い粒点が全面に広がる。カサの表皮が管孔面よりはみ出すのが特徴で、下の写真でよく分かる。
月間MVP 2014/09
2014/9/27
大和葛城山
2015/7/20
大和葛城山