キララタケ
2006/10/21 静岡県伊東市・伊豆一碧湖
 切り株や枯木に群生する小型のヒトヨタケ属のきのこで、カサの表面の条線に沿って細かな鱗片が並ぶ。ルーペで見るとその美しさがよく分かるが、まるでガラスのようにキラキラ輝いて見える。ちょうど「雲母(きらら)」を散りばめたようなので、この名前がある。
 大きさやカサの状態はかなり変化の幅があり、同定に悩むことも多い。コキララタケによく似ているが、コキララタケの鱗片はやや大きく粒状で、特にカサの中央部では褐色になることで見分けられる。
 
2002/6/30
富士山南麓
2002/10/20
相模原市
2003/4/20
高麗山
2003/10/26
高麗山
2004/4/4
横浜市新治
2005/11/12
藤沢少年森
2006/10/21
伊豆一碧湖
2007/5/12
静岡県函南
2008/7/5
富士山南麓
2008/11/15
伊豆一碧湖
2008/11/16
高麗山
2009/5/3
高麗山
2009/6/13
富士山西麓
2010/9/27
長野松原湖
2011/4/24
奈良二上山
2011/10/26
大台ヶ原東
2015/9/21
大和葛城山