コブミノリンゴタケ(竹しんじ仮称)
2016/7/2 奈良県山添村・神野山(鍋倉渓)
 今までに見たことがなく似たきのこも思い浮かばないので、慎重に撮影して検鏡していただいた。その結果、無色の類球形胞子(4〜5μm)にコブがあり、シスチジアなどの手がかりとなりそうなものはない。丁寧に文献を当たっていただいたが所属不明となった。(胞子写真:×1000、コンゴーレッド染色=Sさん提供)
 カサはやや紫を帯びた赤褐色で、周縁部にはかすかに条線がある。肉は吸水性があり中央から気泡が広がっていた。外見はまるでリンゴのようなので、胞子のコブを表して仮称とした。(暫定的に「キシメジ科に置く)
月間MVP 2016/7
 
2016/7/2
山添神野山
2016/7/7
続報