コガネカワラタケ
2010/4/18 神奈川県真鶴町・真鶴半島
 奄美諸島などかなり南方で普通に見られる種類らしいが、どういう訳かこの真鶴半島で見ることができる。名前の「カワラタケ」は分類的にも遠く、外見のイメージもずいぶん違う。カサは黄褐色から茶褐色の不明瞭な環紋を作り、管口はやや多角形のような小さな孔が並ぶ。
 よく似た種類にコガネウスバタケがあるが、管口が乱れたり迷路状にはならないので区別できる。同じく南方系のフルイタケとともに、神奈川県下ではこの地以外に記録がないようだ。
2007/6/24
真鶴半島