コガネムシタンポタケ
2001/6/9 静岡県・日金(ヒガネ)山
 初めて見つけた冬虫夏草がこれ、というのは恵まれているのか。普段、冬虫夏草を探さないが、鮮やかな色が目に付いたということだ。表面に出ている高さだけなら1センチあまり、コガネムシの幼虫も入れた全体でも2センチほど。
 沢に折り重なった倒木に、5個ほど見つけられた。手で剥がせるほどの朽木だったので、慎重に削りだして生態標本写真(下)を撮ってみた。幼虫はみな頭の部分以外を、白い綿状の菌糸で覆われていた。残酷にも見えるが、どことなくひょうきんな姿とも感じる。