コガネウスバタケ
2012/3/3 奈良県大和郡山市・矢田山へんろ道
 これまで掲載していた写真はどうやらミノタケだった。カサの厚みや乾湿のようすがかなり違う。垂直面に生えると個々のカサは独立するが、落ち枝などに生えると上の写真のようにカサが連なる。本種のカサは薄くて短毛に覆われ、明瞭な環紋を持っている。裏面はヒダに近い迷路状で、背着部分では網状になる。
2012/3/3
矢田遍路道
2014/2/9
むろいけ園