コフクロタケ
2007/9/24 神奈川県平塚市・高麗山
 根元にツボを持つフクロタケ属には大小の2グループがあり、本種は小型の方の1種。あまり見かけない珍種だと思っていたが、上の写真の時は山道に沿って、長い距離に群生していた。
 カサも柄も、さらにツボの表面にも微毛が密生している。撮影時にピントが取りにくいきのこだ。カサが開くと胞子がピンク色を持つので、ヒダが白から変化していく。
2004/7/18
横浜市大池
2004/8/8
高麗山
2007/9/24
高麗山