ティラミステングタケ(仮)
2011/7/30 京都府精華町・けいはんな記念公園
 コナカブリテングタケによく似ているが、カサも柄もあまり粉に覆われてはいない。カサの表面の様子から「ティラミステングタケ」と呼ばれたり、柄の上部に膜質のツバがあることから「マクアリコナカブリテングタケ」と仮称されたりしているようだ。
 下の写真は上の翌日に大阪府交野市で撮ったものだが、高さ12〜3センチある成菌はコトヒラシロテングタケの姿にも似ている。西日本で多く見られるようだ。
※名前を「ティラミステングタケ(仮)」に改めた。(もとコナカブリテングタケ近縁種) 外見の特徴を端的に表現している名前が好ましいと判断した。(2016/9/30)
2011/7/30
けいはんな
2013/9/22
矢田遊び森
2014/9/6
矢田遊び森
2016/9/10
矢田遊び森
2016/10/8
けいはんな