コニガイグチ
2012/7/14 三重県伊賀市・上野森林公園
 すぐ近くに「クリイロニガイグチ」の大きなカサがあり、そちらの標本撮影などを優先させたため、本種を詳しく撮らなかった。後日写真を見て柄に網目があることに気付き、ややまれな本種であることが分かった。両種とも味はチェックして、「クリイロニガイグチ」は無味で、本種は苦味があり肉は軟質だった。
 写真を見ると管孔は淡い藤色を帯び、右のきのこでは褐色に変化している。これらの特徴を手掛かりにすると、本種で間違いなさそうだ。左のカサで直径約6センチ。