コオトメノカサ(オトメノカサと同種)
2008/9/23 静岡県小山町・富士山東麓
 オトメノカサかと思ったがカサに粘性があるように見えた。雨が降ったためかと触ってみると、明らかにヌメリがある。図鑑で確認するとオトメノカサより小型で本種があることが分かった。カサの直径約2センチ。
 薄暗い森の中だったせいもあるが、純白のきのこの撮影が苦手で細部が見えない。
※現在「オトメノカサ」と「コオトメノカサ」は同種として扱われている。
2008/9/23
富士山東麓