コチャダイゴケ
2003/7/12 山梨県富士吉田市・富士山北麓
 チャダイゴケ科という独特の進化をした小型菌のグループがある。チャダイとは「茶台」のことで湯飲茶碗を載せる茶托に足が付いているものを指す。本種はその中でも小型の種類。
 直径が数ミリ程度の小さな茶碗の中に、胞子の詰まったカプセルをたくさん作り、雨粒が当たることで飛び出して散らばるという、なかなか手の込んだ生態を見せる。
 最初白いドーム型の蓋が付いているが、後になくなる。付近にまったく破片が見当たらないので、蓋は溶けてしまうのだろう。下の写真右はその瞬間のようだ。
 
2002/9/7
富士山南麓
2003/7/12
富士山北麓
2004/11/21
高麗山
2005/12/3
高麗山
2012/9/1
赤目四八滝