クマシメジ
2010/9/26 長野県小海町・松原湖付近
 中高の灰色のカサは繊維状の放射紋があり、柄は真っ白でヒダは初め白くのち灰色になる。マツなどの針葉樹下に散生〜群生する。よく似たきのこにハマシメジというのがあるが、それは海岸沿いのマツ林などに多く、カサが褐色を帯び幼菌ではクモの巣膜がある点で見分けられる。両種とも食用になるが、クマシメジは有毒のネズミシメジによく似ているので注意が必要だ。
月間MVP 2011/08
2011/8/17
大台ヶ原西
2011/10/8
大台ヶ原東
2011/11/12
大和民俗園