クロビョウタケ(池田氏仮称)
2009/7/19 静岡県富士宮市・富士山南麓
 今まで数回見かけてはいたが何かの老菌のようにも見えて不明のままだった。今回はとても新鮮な状態で、直径1センチ以下の黒いビョウタケの仲間であることが分かった。ところが図鑑を繰ってもそんなものは出てこない。
 唯一「北陸のきのこ図鑑」に仮称として掲載され、深山のブナ朽木上という発生状態もぴったり。恐らく同種だろう。