クロゲシジミタケ
2003/6/15 神奈川県横浜市・新治市民の森
 おもに広葉樹の枯木に生える小型のきのこで、柄を持たずにカサの一方で付いて貝殻型に群生する。カサの表面は黒から灰色で基部には灰色の毛が密に生えている。
 ただ、この仲間は近似種が多いらしくて、顕微鏡下での同定もなかなか難しいと聞いた。
 とても小さいが整った形が印象的で、白、灰色、黒という無彩色が美しい。クローズアップしてよく見るととてもきれいなきのこだ。
 
2012/3/25
かいがけ道
2012/12/16
かいがけ道
2013/5/12
かいがけ道