クロハリタケ
2007/7/9 山梨県富士河口町・野鳥の森公園
 枯葉が積もった林床に点々と黒い円盤状のカサが散生していた。裏を見ると長さ5ミリほどの白い針が密生している。イボタケ科だという見当は付くのですぐに種名は分かった。カサの上面は中心部分に黒くて粗い目のフェルト状のものが層になって付いている。
 この仲間は特有のニオイを持つものが多く、これも独特のニオイがあった。表現に困っていたら同行者が「蝋のニオイ」だと言った。確かに溶けた蝋のニオイがぴったりで分かりやすい。
2007/7/9
富士五湖
2009/7/26
富士五湖
2010/6/26
富士山北麓