クロヒメオニタケ
2008/7/6 神奈川県横浜市・新治
 かなり腐朽の進んだ広葉樹の材に見慣れないきのこが立っていた。カサの表面に並ぶトゲ状の鱗片が特徴で、柄にも細かな鱗片が付いている。クロヒメオニタケにしてはカサの鱗片が少ないが、検鏡してもらった結果は本種に間違いなかった。胞子の形がユニークでワッペン型・ホームベース型などと表現されている。
 この姿でハラタケ科というのも興味深いが、クロヒメオニタケ属という1属1種に分類されている。
2008/7/6
横浜市新治