クロコブタケ
2005/1/10 神奈川県横浜市・新治市民の森
 広葉樹の古木やシイタケのホダ木などに、黒い小さな饅頭型の塊がいくつも並んで生える。よく見ると表面に小さなコブが並び、やがて写真のようにそれぞれの表面が平らな円盤になり中心に穴が開く。
 質はまるで炭そのものという感じで、見た目よりもろく簡単に壊れる。近縁のチャコブタケに似ているが色が真っ黒で、切断面にチャコブタケのような年輪模様がないので見分けられる。
 ただし、この仲間は似た種類がいくつもあるらしく、これらの写真が本種そのものとは言い切れない。広い意味での「クロコブタケ」としておく。
月間MVP 2015/2
 
2002/2/17
平塚市びわ
2015/2/22
矢田遊び森