クロチチタケ
2010/9/26 長野県小海町・松原湖付近
 よく似たきのこにクロチチダマシがある。クロチチダマシは淡色だったり柄が短かったりすることが多いが、あまり決め手にはならない。図鑑によると両者の違いは変色性だけのようだ。つまり、クロチチタケの乳液は赤変するのだが、それを確かめるには少々辛抱強さが必要のようだ。個体差もあるだろうが、約1時間でわずかにピンク色を帯び、写真右下のようになるには3時間かかった。
 
2010/9/26
長野松原湖