クチキトサカタケ
2008/9/1 青森県十和田市・奥入瀬渓谷
 ブナの倒木にクサビ型ともトサカ型とも、形容の難しい形のきのこが生える。質感もまた硬くも柔らかくもない微妙な感触がある。少し腹菌類のような感じもするが表皮に子嚢をもっていて、ズキンタケ科に分類されている。
 切断してみたところ肉質はニカワ質でも繊維質でもなく、簡単にちぎることができる均質な感じだ。表皮の質を表現するのに悩んだが、ふと「そら豆」の皮を思い出した。ゆでたそら豆の皮が最も近い感触だ。日本固有種。
2007/9/15
富士山南麓
2009/9/10
青森梵珠山