マツカサタケ
2009/6/7 神奈川県真鶴町・真鶴半島
 マツカサから生えるきのこでカサの直径は1〜2センチ。ちょうどマゴジャクシをミニチュアにしたようなスタイルだが、カサも柄も表面が毛で覆われている。毎年のように当地で観察会が行なわれているが、これまで発見されなかったのはやはり「珍種」ということだろう。
 何より本種を特徴付けているのがカサの下の針で、長さ1ミリほどの白い針が密生しているが老菌では褐色になる。発生源の特殊性も含めて単独のマツカサタケ科に分類されている。
月間MVP 2009/06
2009/6/7
真鶴半島
2011/6/26
大和民俗園
2011/12/3
大和民俗園
2013/12/29
大和民俗園