マユハキタケ
2002/3/24 神奈川県平塚市・高麗山
 タブノキの大木のウロの中や倒木に生える子嚢菌で、大きいものでも長さ3センチくらい。「眉刷き」とは見事なネーミングでちょうど床屋にある髭剃り用のブラシによく似ている。
 非常に成長の遅いきのこで、1ヶ月ほど経過してもほとんど形を変えていない時がある。ブラシ状の先の部分はきれいな紫色をしているが、吹き出す胞子は黄色い。
 関東以西から南方系のきのこでかなり発生がまれと聞いたが、最近はあちこちでよく見かけるようになった。これも地球温暖化の影響なのだろうか。
 下の写真右は2008年1月に見付けた、世にもまれな本種の菌輪・・・材の年輪に沿って並んでいた。
 
2002/2/11
高麗山
2002/3/24
高麗山
2003/2/15
平塚市土屋
2004/1/31
高麗山
2004/5/3
鷹取神社
2006/3/21
高麗山
2007/3/21
高麗山
2007/11/25
高麗山
2008/1/3
高麗山
2008/1/19
高麗山
2009/12/5
高麗山