未同定
2005/7/3 神奈川県横浜市・新治市民の森
 高さは2〜4センチの小型菌。枯葉の間に菌糸マットを作って生えている。姿が新菌類図鑑のニオイカレバタケに似ていると思ったが、実際はかなり印象が違ってニンニク臭などもない。カサ表面は粘性なく細かなシワ状の窪みがあり、柄が中心からずれる特徴が大きい。
 ヒダもカサや柄と同じ赤褐色で、ルーペでは胞子が白いように見えた。