ミヤマタマゴタケ
2004/10/23 山梨県甲州市・甲斐大和
 かなり大型のテングタケの仲間で、2001年に新種発表されたもの。それまではミヤマドクツルタケなどという仮称だったが、タマゴタケにより近いことが分かり和名が決まった。カサの色は白から褐色まで幅があるが、写真で分かるように周縁部に短い条線があること、大きな白いツバを持つこと、厚みのあるしっかりしたツボがある点で見分けられる。
 無毒という話も聞いたことがあるが、テングタケ科には命にかかわる猛毒種がたくさんあるので、試すのは危険が大きすぎる。
 
2001/10/5
山梨県大和
2004/10/23
甲斐大和
2008/11/15
伊豆一碧湖
2010/10/22
甲斐大和
2014/7/6
三重上野園