モモエノトマヤタケ
2007/8/11 静岡県富士宮市・富士山南麓
 「百恵ファン」も高齢化が進み、今では知らない世代が主流だろう。それは余談だが、名前の響きは我々には心地よい。
 「モモエ」はもちろんピンク色の柄を表しているが、成菌になるまでの時期だけ濃く現れ、その後白っぽくなってしまう。カサは白〜淡黄色で、密毛状の鱗片に覆われる。中丘を持つことが多いようだ。高さは5センチ程度までの小型のアセタケの仲間。