ムキタケ
2008/10/26 静岡県富士宮市・富士山南麓
 情けないことにムキタケの写真がほとんどない。「きのこ狩り」目的で山歩きをしないものだから優秀食菌の写真がとても少ない。むしろ「狩人」の多い場所を避けてコース選びをするから、当然の結果だ。
 カサ表面はオリーブ色や紫色を伴った汚褐色でヌメリがあり、柄が太短くてヒダが極めて密に並ぶ。有毒のツキヨタケに似ているが、ヒダの密度と柄にリング状のツバがない点で見分けられる。
 形からヒラタケなどに近いイメージもあるが、ワサビタケ属のきのこというのは意外な気がする。煮込むなどして火を通すと全体がゼラチン質になるので、確かに他のヒラタケ型のきのことは違う。いつまでも冷めずに熱いので「のどやけ」と呼ぶ地方もある。
 立ち枯れた大きな樹にたくさん群生していると、手の届く範囲はすっかり採られていることがある。ただ恨めしく見上げるばかりだが、専用の柄の長い鎌も市販されている。
 
※2007/11/3のものは別種の「オソムキタケ」だと分かり、別項に掲載した。(2018/1/24)
2005/11/5
富士山南麓
2007/11/3
富士山南麓
2008/10/26
富士山南麓
2010/10/16
富士山南麓
2011/10/8
大台ヶ原東