ナガエノチャワンタケ
2015/5/23 奈良県大和郡山市・矢田山遊びの森
 名前の通り長い柄の先にチャワンが付いている姿で、大きさにはかなり幅がある。図鑑などにはよく「子嚢盤が反り返って鞍型になり、アシボソノボリリュウタケに似ることもある」と書かれているが、別種の「ナガエノケノボリリュウ」との混同があり本種の子嚢盤は普通反り返らない。両種とも子嚢盤の裏面に微毛があることで混乱が起こり、当HPも長く間違っていて2019年6月にようやく訂正することができた。
 林の中の地上に単生〜群生していて、色も褐色系〜灰色など変化がある。
 
2001/11/18
厚木市七沢
2002/5/26
高麗山
2003/7/5
富士山北麓
2005/6/19
平塚市びわ
2007/5/27
高麗山
2009/10/10
富士山南麓
2011/10/18
生駒山麓園
2014/6/15
市大植物園
2014/11/16
矢田子供森
2018/6/9
矢田子供森