ナメアシタケ
2007/6/16 静岡県富士宮市・富士山南麓
 印象はクヌギタケの黄色型という感じで、透明感のあるカサや柄には粘性がある。写真で見ても実際に観察しても柄のヌメリが分かりにくいが、採取してみると指にくっつくのですぐに分かる。
 成菌ではカサの色が灰色になることもあるが、柄には遅くまで黄色〜オリーブ色が残る。
 ブナなどの苔むした材上に生えていて、時に大きな群生が見られる。ヒダは白い。
月間MVP 2010/06
 
2009/6/6
富士山北麓
2010/6/4
富士山南麓