ニセクロハツ
2013/8/3 奈良県大和郡山市・矢田へんろ道
 やや古くていいサンプルではないが、やっと写真が撮れた。死亡例もある猛毒種で、食後20〜30分で嘔吐したにもかかわらず、その後重篤化して死にいたることがあるという。 クロハツやクロハツモドキは無毒で食用に採取されているようだが、それらは傷つけて赤変⇒黒変するのに対し、本種は赤変したままなので区別できる。ただ、収穫したすべてをチェックするのも面倒で、「いつも食べているから」という過信から中毒が起こっている。混生している危険性を考えれば、この仲間を食用にするのはやめるべきだろう。
 
2013/8/3
矢田遍路道
2014/5/25
くろんど園
2014/8/3
矢田遍路道