ヌルデタケ
2006/1/22 静岡県伊東市・一碧湖
 きのこには木の名前を冠したものがずいぶんたくさんあるが、その木にしか生えないという種類は数えるほどもない。本種もヌルデに生えるよりサクラやコナラで見つけることが多い。
 上の写真は桜の枝に生えたもので、左側からカミウロコタケが覆い被さっている。
 落ち枝などにたくさんの白い粒が並んでいて、よく見るとだんごっ鼻の形に見えて愉快だ。下面の丸い部分に細かな管孔があるので、下から見るとまるでシャワーヘッドのようにも見える。大きさは数ミリ程度だが、時に2センチほどになって驚かされる。
2002/3/21
横浜四季森
2003/1/25
横浜市寺家
2004/1/31
高麗山
2004/4/3
厚木市愛名
2005/2/11
座間谷戸山
2006/1/15
高麗山
2007/1/3
高麗山
2008/1/12
座間谷戸山
2008/5/10
高麗山
2009/3/20
座間谷戸山
2010/11/23
藤沢市新林
2012/3/18
むろいけ園
2013/1/20
むろいけ園
2013/4/21
むろいけ園
2014/2/16
くろんど園
2015/2/8
くろんど池
2015/4/11
山添神野山
2016/1/10
生駒山麓園