オニイグチ
2007/7/29 神奈川県平塚市・高麗山
 よく似た種類が2・3種あって見分けが難しいが、本種はカサの鱗片があまり尖らずに地肌の白い部分が多い。尖った鱗片が密生するのがオニイグチモドキで、手の平で触ってみると鱗片の尖り具合がよく分かる。この写真のものは撮影当日「・・・モドキ」でアップしていたが、カサの鱗片をよく見るとほとんど尖っていないので本種だろう。
 また、本種の管孔はオニイグチモドキに比べると、より遅くまで白いままのときが多い。
 あまり食欲の湧く姿ではないが、まったくクセがなくあっさりした美味しさがある。似た有毒種がないからむしろ安心かも知れない。
2002/8/11
富士山北麓
2005/7/24
鎌倉中央園
2007/7/29
高麗山
2009/8/8
富士山南麓
2017/8/27
大和民俗園